今や芸能界屈指の超売れっ子アイドルである乃木坂46、ですがそのヒットへの道はかなり多難なものでした。

というのも、メンバーの一人である松村沙友理さんがあの芸能関係に強いといわれる「週刊文春」にあるスキャンダル写真をリークされてしまったのです。

アイドルはイメージ勝負といわれており、彼氏ができていただけでアウトになります。

しかし、彼女が暴露されたのは「ただ彼氏がいた」というだけではなく、既婚者との不倫だと報じられてしまし、ネット上で炎上してしまったそうです。

文集砲の詳細は一体なんなのか?検証していきたいと思います。

 

松村沙友理さんの経歴

松村沙友理さんの経歴に調べてみました。

1992年8月27日大阪生まれ。

アイドルをしながら”CanCan”の専属モデルをしています。

マニアックなアニメファンであることも非常に有名で理想のアイドルにあげているのは大人気アニメ「ラブライブ!」の高坂穂乃果だと公言しています。

アイドルアニメをみて育った世代がアイドルをしているのだから不思議な時代になってきました。

2011年に第100回全国高等学校野球選手権記念大会にて春夏連続優勝した大阪桐蔭高等学校を卒業した彼女。

親の勧めで看護師になるため予備校に通いながら大学受験を目指す日々を送っていましたが、模擬試験の成績が芳しくなかった事もあり、新しいことにチャレンジするためにアイドルを目指したと言われています、

順風満帆に見えた彼女のアイドル人生ですが、2014年にある報道を受け、そのキャリアに大きな傷跡を残すことになってしまったのです。

 

松村沙友理が被った文春砲って何?枕営業?

松村沙友理さんの被った文春砲とは一体どのような内容なのでしょうか?

その情報を探っていきたいと思います。

10枚目シングル活動期間中の2014年、週刊文春である記事が公開されました。

記事のタイトルは「乃木坂46のエース松村沙友理(22)がハレンチ不倫路チュー撮!」というものでした。

そして、記事の中には大きく、若い男性と抱き合いながらキスする彼女の姿がありました。

 

かなりあからさまに路上キスしている二人。

さらには二人で手をつないでデートに行くような様子まで激写されています。

お相手はヤングジャンプのグラビア担当であり、既婚者だと言われています。

これはかなり痛いですね・・。

 

これに対して当初松村沙友理さん側は、ラジオ番組「レコメン」内で涙の謝罪会見を行い

書かれていることは事実じゃないことも多い

男女の仲という感じでは全くない

相手が既婚者という事は知らなかった

という少し疑わしいような感じで交際を否定、街でナンパされ仕事のことでつらかった時期でもありうっかり誘いに乗ってしまったとも語る松村沙友理さん。

さらに、相手が既婚者であったことについては「実は、その方とお会いする時は、いろいろと隠して、偽名を使っていて、相手の方もあまり知らないで、向こうの方に家庭があることも知りませんでした。」と説明しました。

やや引っかかるような説明ですね。

しかし、これが文春の逆鱗にふれ、男性と松村沙友理さんの会話音声データ動画がアップロードされ反撃を行いました。

この状況を前に松村沙友理さんは一切言い訳はしませんでした。

アイドルというものは「恋愛禁止」と言われている事が多いのに既婚者と不倫をしてしまったことでかなりキャリアに影響を与えてしまった彼女、そんな彼女と路上キスをしていたのは一体だれなのでしょうか?

 

相手はどんな人?

問題のお相手は一体誰なのでしょうか?

一部事情通によれば、名前はわかっており「佐井 慶英」さんではないかと言われています。

佐井 慶英さんは週刊ヤングジャンプ公式サイトで顔を晒しており、信憑性はかなり高いと言われています。

 

週刊文春でスクープが明らかになった際に一体、彼は何をしていたのでしょうか?

ネットニュースブログサイト“サイゾ―ウーマン”で取材を受けた集英社の関係者曰く「顔面蒼白になっていた」そうです。

さらにその後、ソニーミュージック社の社長に会い土下座のような深い謝罪を行ったともいわれています。

さらに同記事では「貧弱な外見で、社内では『もやし』や『へなちょこ』と、からかわれていた。」とまで暴露

他にも「他のアイドルとコンタクトをとっている」「若い子が好き」などという事も暴露されていました。

別の記事では「本当にアイドルと知らずに彼女の別名を信じ込んでいてキスしたのかも」という指摘もありました。

噂によるとこの男性は「理詰めで相手を洗脳させて自分の物」にするタイプらしく、どうやら松村沙友理さん曰く「本屋で漫画を読んでいたらナンパされた」ということでした。

そんな彼のその後はどうなったのでしょうか?

その後、なんとかクビにならずに別部署に異動したらしいですが、ネット上での情報によると「会社にきていない」そうです。

会社に居場所がなくなって自主退社をしたのかもしれないですね。

とはいえ、こういったこともほとんど雑誌の記事やネット上での口コミがほとんどであり真偽のほどは不明です。

 

 

松村沙友理さんのその後

文春騒動の後、彼女の引退を心配するファンが多くいましたが、そういったことはありませんでした。

現在彼女は人気漫画をドラマ化した作品「賭ケグルイ」にてまるで自身をパロディにしたかのようなキャラクターであるスクールアイドルの「ユメミ」を演じることが確定しています。

※賭ケグルイ Season2(2019年春 、毎日放送 / TBSテレビ)夢見弖(ゆめみて)ユメミ 役

漫画好きの彼女にとってはかなり嬉しいニュースでしょう。

そして、たびたび乃木坂46の仲間や共演者から浮気ネタでいじられることで逆に風化させることに成功をしたともいわれています。

こういったことも彼女に高い人気があったのを知っていた運営が彼女を手放したくなかったためあの手この手で彼女を守ろうとしていたともいわれています。

確かに一般的なアイドルであれば追放されてもおかしくない話ではありますね。

 

まとめ

結局、本当は既婚者とわかって付き合っていたのか?

アイドルであることを相手が知らずにナンパしてしまったのか?

もしくは枕営業なのか?

といったハッキリしたことは今だにわかっていません。

 

「枕営業ではないか?」と疑うファンもいますが個人的に言わせていただくと、もし枕営業をするなら一編集者ではなく、恐らくもっと上の人物を狙うのではないか?と推測するのが私の考えであったりします。

したがって枕営業の説はほぼ無いと思います。

いずれにせよ、彼女はこの騒動を逆にバネにしてより大きな芸能人として成長を続けています。

彼女の今後に期待をして見守っていきましょう。